本文へ移動

有機溶剤編

シンナーは、真溶剤・助溶剤・希釈剤の3つで構成されています。

真溶剤
塗膜の骨格である樹脂を溶解する性質を持つ
助溶剤
樹脂を溶解する能力はないが、真溶剤に混合することで、溶解力が増したり、乾燥性を調整したりする。
希釈剤
単独では樹脂を溶解する能力はないが、塗料を適切な粘度に調整するための増量剤として加えられる。

官能基グループごとの特徴と、溶剤分類は次のとおりです。

一般的な、シンナー別の溶剤配合を、ご紹介いたします。

一般的に、希釈剤には、トルエン・キシレンなどの「芳香族」炭化水素系が多く使われています。また、真溶剤には、ケトン系も多く使われています。
TOPへ戻る